×

CATEGORY

商品一覧

MENU

HOME»  美味しい足柄茶の淹れ方

美味しい足柄茶の淹れ方

お茶それぞれに、おいしい淹れ方・楽しみ方があります。

おいしくお茶を淹れる原理!

日本茶は「うまみ」重視されるアミノ酸志向のお茶です。そのため、上級煎茶を淹れる時は、

  1. うまみ成分であるアミノ酸類を溶出させる
  2. 渋味・苦味成分であるタンニン・カフェインの溶出を抑える

この2つのことが大切です。

アミノ酸類はお湯の温度に関係なく溶出しますが、タンニン・カフェインはお湯の温度が高くなるほど溶出しやすいので、低めの温度のお湯で淹れましょう。
この原理を使って、自分好みのお茶を淹れてみましょう。

簡単なお湯の冷まし方

お湯は器に移すたびに、季節や器の材質にもよりますが、5~10℃下がります。
これを利用して、目的の温度まで冷まして使いましょう。

おいしく飲むには廻し注ぎを

複数の茶碗でお茶を飲むとき、お茶の濃度を一定にするための淹れ方です。

簡単なお湯の冷まし方
  1. (1)→(2)→(3)の順に少しずつ注ぎます。
  2. 次は(3)→(2)→(1)の順で注ぎます。
  3. これを最後の一滴まで繰り返します。

旨みを楽しむ:煎茶

湯温:70~90℃
浸出時間:1分程度
※深蒸し煎茶は味が出やすいため浸出時間を短めにする。
※2煎目(2杯目)からは、30秒程度でOK。

手順

  1. 茶碗8分目まで湯を入れる
  2. お茶を一人あたり3gほど急須に入れる
  3. 茶碗で適温まで冷ました湯を急須に入れ、1分ほど待ってから最後の一滴までしっかり注ぐ

水色の違い

煎茶
「金色透明」と呼ばれる透明感のある黄色系の水色。特に山間地の煎茶は、香りの高さと繊細な味わいが魅力。

深蒸し煎茶
蒸し時間が長く、粉が多い茶葉となるため、水色が鮮緑色で濃厚な味わいとなるのが特徴。
淹れやすく、お茶請けとも合わせやすい。

香りを楽しむ:番茶・焙じ茶

湯温:熱湯
※茶葉(ちやよう)をたっぷり使う。5人で15g程度が目安。

手順

  1. 茶を急須に入れる
  2. 急須に熱湯を注ぎ、約30秒待ってから注ぐ

暑い夏にぴったり:冷茶

※水0.5Lに対し、ティーパック1袋(5g)が目安。
※お好みの深蒸し煎茶を市販のお茶パックに入れたものでOK。

手順

  1. 水出し用ティーパックを冷水に入れる
  2. 約20分後(お好みにより調整)トングや長箸などでティーパックを絞る
  3. ティーパックを冷水ポットから出す
  4. ペットボトルなどで持ち歩くときには、1日で飲み切りましょう

お茶の淹れ方標準表

こちらもご参考にどうぞ

お茶の淹れ方標準表