×

CATEGORY

商品一覧

MENU

HOME»  足柄茶について

足柄茶のおいたち

『味と香り』の足柄茶

『味と香り』の足柄茶

現在の「足柄茶」は、大正12年の関東大震災により大きな被害を受けた山村の産業復興策として、当時の足柄上郡清水村(現足柄上郡山北町)に導入され、幾多の苦難を乗り越えて産地化されたことが始まりとされています。

その後、新農山漁村建設総合対策事業や農業構造改善事業等の施策が講じられるとともに、先覚者の熱心な指導と優れた環境条件により生産が拡大し、昭和40年代に入って県西北部、丹沢山麓を中心として茶産地が形成されました。

現在では相模原市(旧津久井郡)、南足柄市、小田原市、秦野市、愛川町、山北町、松田町、湯河原町、真鶴町、開成町、中井町、清川村でお茶が生産されており、総称して「足柄茶」と呼んでいます。
神奈川の丹沢・箱根山麓一帯は、その気候・風土がお茶栽培に最適で、特に「味と香り」に優れたお茶が生産されています。なかでも足柄茶には、茶の品質の目安となる全窒素量が多く旨みの成分であるアミノ酸も多く含まれています。また、渋みの成分であるタンニン・繊維質が少なくなっています。
金太郎マークの足柄茶の評判はいまや全国的となり「味と香り」の足柄茶として非常に喜ばれています。

美味しさに称讃多数

美味しさに称讃多数

お茶にかけた先駆者たちの熱意と努力は、優れた環境の中で見事に開花。
昭和38年の「全国茶品評会一等賞」を皮切りに、朝日農業賞、農林水産大臣賞なども最多にわたり受賞。
近年では「全国茶品評会一等」の連続受賞を始め、各品評会においても毎回上位入賞し「かながわ名産100選」に選ばれるなど、数々の名誉に輝いています。

足柄茶のブランド戦略

足柄茶のブランド戦略

足柄茶では「かながわブランド」をはじめとし 「かながわ名産100選」「本場の本物」に選定され、 足柄茶の良さを各方面から認めていただいております。また「足柄茶」は地域団体商標に登録されています。

例のない生産団体の産直販売

「足柄茶」は味だけでなく、その生産販売システムにも特微があります。
足柄茶の中心の茶業センターは、地域の原茶を集荷に精撰するだけでなく、栽培指導を県などの関係機関とタイアップして実施。

県内で生産された生葉は、各地区で荒茶加工されたのち、神奈川県農協茶業センターに一元集荷され、製茶・ブレンドして農協系統や生協、地元スーパーマーケット、通信販売、直売所等で多元的に販売されています。

産地指定・計画生産に力をそそぎ、「高い栽培・加工技術による高品質で安定したお茶作り」と「独自の流通ルートによる消費者本位の販売」による一貫システムにより、生産者には高い利益を還元し、消費者の皆様に安定した高品質なお茶作りを行っています。

また足柄茶は、全国に例を見ない県下統一の生産者団体による産地直売方式で、消費者本位の販売を行っており消費者の皆様へ「安心・安全な足柄茶」のお届けを実現可能としています。

足柄茶の歴史年表

大正12年
関東大震災発生(9月1日、午前11時59分、マグニチュード7.9)
大正13年
関東大震災の産業復興策として、足柄上部清水村(現 山北町清水地区)で茶栽培を開始
昭和4年
清水村、第1回茶園品評会開催
昭和15年
清水村の茶園面積23.5ha、荒茶生産量16.8t、生産額16,100円
昭和32年
足柄茶、第11回全国茶品評会初出品
昭和33年
足柄茶業振興協議会、静岡より製茶専門技術者を招き、荒茶工場の巡回指導と製品格付けを開始
昭和35年
足柄茶、第14回全国茶品評会で2等入賞
昭和37年
第1回神奈川県茶品評会の開催
昭和38年
足柄茶、第17回全国茶品評会で1等入賞
昭和39年
清水農業協同組合、農業構造改善事業により茶業センターを設置し、県下一元集荷体制を整える
昭和43年
茶業センターの販売金額1億円を達成
昭和44年
第1回神奈川県茶園管理共進会の開催
山北町清水地区、朝日農業賞を受賞
昭和47年
あしがら農業協同組合茶業部、朝日農業賞を受賞
第1回関東ブロック茶の共進会が始まる
昭和49年
第3回関東ブロック茶の共進会が神奈川県で開催され、足柄茶が上位入賞し、農林大臣賞を受賞
昭和55年
あしがら農協茶業センター施設の老朽化による建設計画始まる
昭和58年
足柄茶売上10億円達成
昭和59年
神奈川県農協茶業センター 新工場 完成
昭和60年
第14回関東ブロック茶の共進会が神奈川県で開催され、足柄茶が農林水産大臣賞を受賞
平成元年
足柄茶売上20億円達成
平成3年
第20回関東ブロック茶の共進会が神奈川県で開催され、足柄茶が農林水産大臣賞受賞
平成4年
神奈川県農協茶業センターを解散し、株式会社に移行することを決定
8月より「株式会社神奈川県農協茶業センター」として新たに発足(営業は9月1日より)
足柄茶売上金額25億円達成
平成6年
茶成分分析機器導入
平成9年
第26回関東ブロック茶の共進会が神奈川県で開催され、足柄茶が農林水産大臣賞を受賞
平成12年
山北町FA工場(グリーンティーあしがら)稼働。山北町14荒茶工場統合
平成13年
全国初のリシール缶(足柄茶産地仕立て)の発売
平成15年
微生物検査室、品質審査室の増築
トレーサビリティー(生産、販売)の実践
「足柄茶」のデザインが商標登録される
平成16年
厚木市清川村FA工場(チャピュア清川)稼働
第33回関東ブロック茶の共進会で、農林水産大臣賞を受賞
愛川町、開成町で機械化を前提とした茶栽培が始まる
平成18年
中井町で機械化を前提とした茶栽培が始まる
「足柄茶」が(財)食品産業センターの「本場の本物」に認定
平成19年
「足柄茶」が地域団体商標を取得
平成21年
ISO 9001(品質マネジメントシステム)取得
平成22年
足柄茶GAPに取り組む
APECが横浜で開催され、ボトル茶と足柄うまみ茶「花里の雫」が振る舞われた
平成24年
直売所で「足柄茶大感謝祭 in 山北」を開催
平成25年
「台湾かながわフェア」で試飲販売に参加
平成26年
JA県央愛川荒茶工場が稼働
平成27年
足柄茶リシール缶ほうじ茶販売
紅茶の製造が始まり、箱根山麓紅茶として販売

神奈川県内のお茶について

神奈川県内で栽培されているお茶の主な品種のご紹介です<

神奈川県内で栽培されているお茶の主な品種のご紹介です
(品種登録年の早い品種からご紹介します)。

※に関しましては下段に説明を設けております。

やぶきた

歴史
明治末から大正にかけ、静岡県安倍郡有度村(静岡市)の杉山彦三郎によって従来品種より選抜育成された※中生種で、品種登録制度が発足した昭和28年に品種登録されました。
特徴
生育ははやい反面、病気に弱い一面があります。気候に対する適応性があり、全国の生産量の80%を占めている優良種です。品質は総合的に優れています。
独特の強い香りに優雅な滋味、そして甘みに富んでいます。

あさつゆ

歴史
国立茶試(現(独)野菜茶業研究所)で宇治種の種子をまいて育てた中から選抜された中生種として、昭和28年に品種登録されました。
特徴
耐病性は中程度ですが、収穫量は少なめです。
品質は極めて優れ、別名「天然玉露」とも言われるほど光沢・味ともに良い品種です。

おくみどり

歴史
農林省栗鼠枕崎鼠場(現(独)野菜茶業研究所)で(♀やぶきた×♂静岡在来16号)の交配の中から選抜された品種で、昭和49年に品種登録されました。
特徴
やぶきた種より2~5目遅い※晩生種です。病害には中程度の強さで、収量は多いです。
色は濃緑色であり、香味は爽やかですっきりとしています。

さえみどり

歴史
昭和44年、農林省茶試枕崎市場(現(独)野菜茶業研究所)で(♀やぶきた×♂あさつゆ)の交配の中から選抜された品種です。やぶきた種より2~5目早い早生種として平成2年に品種登録されました。
特徴
耐寒性は強めですが、※早生種のため晩霜を受けやすいのが特徴です。
「走り新茶」にふさわしく、外観は色沢(しきたく)が明るい冴えた鮮緑色で、上品な芳香があります。渋みは少なく旨みがあります。

山の息吹(やまのいぶき)

歴史
静岡県茶試で、やぶきた種の自然交配実生より選抜育生され、平成9年に品種登録されました。
特徴
一番茶の収穫はやや少なめですが、年間の収穫量は多いです。また、耐病性は中程度となっています。
色沢は黄緑色で軽やかな香気があり、渋みが少なく旨みがあります。

つゆひかり

歴史
静岡茶試で(♀静7132×♂あさつゆ)の交配の中から選抜育生された品種です。平成15年に品種登録されました。
特徴
やぶきた種より2目ほど早い、やや早生種となっています。また、耐病性は強い品種です。
色沢がやや黄緑色で軽やかな香気があり、渋みが少なく、旨みがあります。

※の説明

  • 中生種・・・茶の適採時期が早生(わせ)と晩生(おくて)の中間の品種。中生(なかて)のこと。
  • 晩生種・・・<やぶきた>を中とし、それより摘採時期が遅い品種のこと。
  • 早生種・・・<やぶきた>を中とし、それより摘採時期が早い品種のこと。